M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 前略。失敗作のこと | トップページ | 続・信州ゴールデンループ  花も嵐もIII その65 »

2013年12月 5日 (木曜日)

信州ゴールデンループ  花も嵐もIII その64

信州ゴールデンループという名前は私が付けた。

天竜川を越えて東へと向かえば大井川がある。これを遡って安倍峠を越えて山梨県へとゆく。夜叉神峠を超えて甲府盆地、さらに八ヶ岳の麓を北上して、軽井沢を突っ切ってゆく。

昔、日航機が墜落した御巣鷹山を望むぶどう峠なども越えて群馬県へと足を踏み入れる。草津などの温泉街を堪能して、志賀高原を越えて、野沢温泉も立ち寄りながら大きく北信へとルートをとる。

千曲川から信濃川へと名前を変えた巨大な川を横切って、いよいよ信州の西半分へと踏み込む。戸隠、鬼無里、安曇野、そして乗鞍などを経て中山道を南下し、木曽山脈を横切って再び天竜川沿いに戻ってくる。

寄り道をすれは数限りないバリエーションがある。これが「信州ゴールデンループ」です。

私がこのルートに名前をつけたころは、数々の峠がまだまだトンネルにはならず、拡幅もなされていなかった。現在、どこまで魅力があるかどうかは、愉しむ人次第だと思うが、ひとつのツーリング黄金時代の素晴らしいルートであった。

« 前略。失敗作のこと | トップページ | 続・信州ゴールデンループ  花も嵐もIII その65 »

【花も嵐もIII】終楽章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/58703337

この記事へのトラックバック一覧です: 信州ゴールデンループ  花も嵐もIII その64:

« 前略。失敗作のこと | トップページ | 続・信州ゴールデンループ  花も嵐もIII その65 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31