M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 【素直な心の10箇条】─松下幸之助 | トップページ | 寒さいっそう厳しくなりて候 »

2013年12月30日 (月曜日)

あと二枚染み染みとつける日記かな

いよいよあと二日を残して、平成二十五年も終わろうとしています。
みなさま、いかがな年の瀬をお過ごしになっておいででしょうか。

時計

昨今、区切りのない暮らしが一般化し、そのような考え方に支障もなく、また合理性もあることから、大晦日に最後の節を越えるという意識は確実に形骸化されつつあります。

そんななかでひとり、そういう一団から抜け出て、師走から正月にかけて、今年一年をしっかりと振り返り、さらには生涯のあれこれも整理してゆく準備に取り掛かろうとしております。思うに、呼吸の折り合えし点のような、あるは満潮が引き潮に変化するときのような静かさを味わおうとしています。

◎◎

昭和三十二年から平成十年を引き算することは、西暦で表してないためそのままでは不可能です。平成十年から平成二十五年は簡単に引き算ができます。

これでいいのだ。これがいいのだ。

ヒトにはこういう非合理性が必要なのだと思います。

十二年という干支の周期、十年という十干、一年を二十四回に区切る節気、そして一年を四つに色分けする季節、それに月の満ち欠けを混ぜあわせた時間の流れで暮らす。

そういうところに、少しずつ戻っていこうとする心。
そして自分。

« 【素直な心の10箇条】─松下幸之助 | トップページ | 寒さいっそう厳しくなりて候 »

【随想帖 II】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/58846000

この記事へのトラックバック一覧です: あと二枚染み染みとつける日記かな:

« 【素直な心の10箇条】─松下幸之助 | トップページ | 寒さいっそう厳しくなりて候 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31