M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 宮本輝  三十光年の星たち | トップページ | 風邪ひきさん少しずつ良くなってきて »

2013年11月22日 (金曜日)

30年という言葉で探ってみる ─ 小雪篇

もう、小雪をむかえるのかと驚く反面、年の瀬が少し待ち遠しかったりもする。

▼小雪や風邪そこそこに靴磨く

様々な難題や岐路に立たされたり、あるいはゆとりが出来て人生を振り返るようなことがあるときに、私は幸せであったのだろうかと何度も繰り返し考えた。

そして、貧しかったことが即ち不幸となったわけではなかったというような朧気な解決でひとまず落ち着く。

身の回りには、資産家を受け継ぐ人もいれば、安定した事業を譲り受ける人もいて、或る時それを羨みの気持ちで見たことも何度かある。

しかし、無から有を生むためには私が舵を切らねば歴史は変わらないのだから、と思い、何も残せないけれども子どもには知の資産を残そうと漠然と考えた。知と仁があれば自分で歩めると信じたからだ。

6年制の私立中学に在学しているときに企業をやめたので、それから大学を卒業するまでの間に日本育英会の奨学金を400万円あまりを借金した。その負債は子どもに今も負わせている。

私の子育てに間違いはなかったと今でも信じているが、1円も肩代わりをして返済をしてやれないのは辛い。

■■

そんな苦渋の時代に、豊かさについて考えている。

豊かさと満足度
2008年(平成20年)6月12日 (木)

続・豊かさと満足度
2010年(平成22年)5月15日 (土)

何故こんなものを今ごろ見つけたのかというと、先日(前の日記)に読んだ宮本輝の小説の中に「30年」という節を見つめて未来へと生きてゆかねばならないということが書いてあった。

そこでちょうど、私もこの「30年」という数字で人生を振り返ったことがあったと思い起こし検索をしてみることにし、ブログの中にある検索窓へ「30年」と打ち込むと87件のヒットがあった。

社会批判や怨み、妬み、愚痴、不平、など、言い出せばキリがない。

宮本輝の小説「三十光年の星たち」のあとがきのなかで、非常にスカッとするほどに纏められた宮本輝の言葉がある。なかなか、言えないのではないか。

« 宮本輝  三十光年の星たち | トップページ | 風邪ひきさん少しずつ良くなってきて »

【裏窓から】 」カテゴリの記事

コメント

ブログで丸々引用していた人があったので、嬉しくなります。
コピーしてしもた。わ。
http://ameblo.jp/03300440/entry-11275991798.html
http://ameblo.jp/03300440/entry-11271733272.html

--
毎日新聞社から朝刊連載をとの話があったとき、私は「三十光年の星たち」という題だけが浮かんだが、小説の具体的な形はどうしても創りあげることができなかった。他にも連載小説をかかえていたし、小説家になってからすでに9回も新聞小説を書いてきて疲れ切っていた。

これはもう自分の体がもたない。お断りしたほうがいい。お引き受けしたらご迷惑をおかけするかもしれない。私は本気でそう考えた。

しかし、そんな私のなかで、30年後の姿を見せろという言葉が大きく鳴り響いた。
書けないだと?それでも小説家か。30年後の姿がそのざまか。

私は自分自身にそう言って「三十光年の星たち」を書き始めた。ひとりの名もない頼りない、たいした学歴もない青年が、30年後をめざして、手探りでもがきながら、懸命に自分の人生を作り始める物語を、である。

人間には何らかの支えが必要だ。とりわけ若い人は、有形無形の支えを得て、難破船とならずに嵐をくぐり抜ける時期が必ずある。だが、いまのこのけちくさい世の中は、若者という苗木に対してあまりに冷淡で、わずかな添え木すら惜しんでいるかに見える。

私は「三十光年の星たち」で、その苗木と添え木を書いたつもりである。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/58621987

この記事へのトラックバック一覧です: 30年という言葉で探ってみる ─ 小雪篇:

« 宮本輝  三十光年の星たち | トップページ | 風邪ひきさん少しずつ良くなってきて »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31