M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« こぼれ話  ─ 花も嵐もII その60 | トップページ | こぼれ話 3 稲庭うどん ー 花も嵐もⅡ その62 »

2013年10月29日 (火曜日)

こぼれ話 2  さぬきうどん ー 花も嵐もⅡ その61

■ さぬきうどん

不思議なもので、うどんであるとか蕎麦というものは旅人を惹きつける。どうしてなのだろうか。

味が脳みそにストレートに響くのだろう、という気がしている。理屈もなく旨ければ身体中が悦ぶのがわかる。

うどんに出会ったのは、偶然だった。

あるとき、宿のあてもなく、飛び込みで琴平YHに泊まることした。夜も遅く、夕飯が出来る時刻ではなかったこともあり食堂を探して町の中を彷徨った。そのときに1軒のうどん屋に入ったのが始まりだった。

店は、決して綺麗でもなく新しくもなかった。ファッショナブルなグルメブックにも無縁のような店で、そこに無愛想な爺さんいた。しかし、その爺さんが出してくれたうどんが格別に旨かった。

「この蒲鉾は坊っちゃんでも出てくる八幡浜の蒲鉾だ……」
みたいなことをボソボソと言いながらカウンターの向こうで調理をする粋な爺さんで、「さぬきうどん」って何だろう、どんな味がするのだろう、と私は不安だったが、食べて見て驚いた。

この旨さはどこから来るのだろうと、メラメラともっと食べ歩いてみたいという自然の欲望が燃え始めたのです。

(しょーもないグルメブームの煽りではなく、自分のセンサーが働いたのが、この上ない誇りだと思っている)

後にも、さぬきにはうどんを食べるために、四国に何度も立ち寄ることになります。

旅のステータスとしての食の満足は、旅の満足にまでなります。

私の人生にも大きな歴史を残してゆくことになります。

何度も何度も、四国を訪ねて旅した時期は、幸せな時代でした。

« こぼれ話  ─ 花も嵐もII その60 | トップページ | こぼれ話 3 稲庭うどん ー 花も嵐もⅡ その62 »

【花も嵐もII】追憶篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/58480390

この記事へのトラックバック一覧です: こぼれ話 2  さぬきうどん ー 花も嵐もⅡ その61:

« こぼれ話  ─ 花も嵐もII その60 | トップページ | こぼれ話 3 稲庭うどん ー 花も嵐もⅡ その62 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31