M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« てるてる坊主 | トップページ | 人類は甘いモノを発見してから優しくなった »

2013年9月 4日 (水曜日)

夜もふけて障子を閉める音に秋

▼煙草燻らすキミに便り溜め

9月2日の朝の列車の中からそんなことをつぶやいていた。砂女さんのブログ(句)を読んで感想をまとめられていないので、ああ、忙しくもないのに何を後回しにしているのか、と考えたのだろう。

宮崎駿が監督を引退する記事がこの日の朝刊1面に小さく載った。わたしは、「引退なんてしなくてもいいと思う。芸術をする人が引退って、どんな概念なんだろう。感性を止めることなどできない。」とメモをした。

▼九月雨口笛ふいて上を向く

暑かった夏を忘れて、寒くもない今の季節である。

雨は、悲しい雨の歌を生んだ一方で、昔職場にいた明るいA子さんという女の子は「悲しくなんか無いですよ、雨に歌えば♪という歌があります」とケラケラ笑った。彼女はT君という人のお嫁さんになって、Tくんは京都のオ社のニュース記事にまで出てくる人になっていった。彼女の明るい人柄が生きているのだと信じている。

そんなことを思い浮かべながらわたしは上を向いたのだった。何故上なのかは物語に任せよう。

鈴虫がお題(季語)にあがっていた。砂女さんは

□  996  鈴虫の声する方が帰る方 砂女

と詠む。わたしはコメントに

わたしの父は事故が原因の病気で耳が殆ど聞こえませんで、人生の大方をそんな耳で暮らしてきた人でしたが、鈴虫を愛している人でした。生き物(動物・植物)を大事にしたという人と言う方が正しいかもしれません。

と書き始めて想いの続きで何を考えていたのか綴らずに返信してしまっている。ま、それはそれでいいか。

2日の晩は、雨が降っていたのか既に止んでいたのか記憶に無いものの、わたしは窓を開けていつものように寝床から路地を見下ろして涼んでいたのであろう。向かいのおじさんが縁側の戸を開け放ってテレビをつけているのが見下ろせる。そろそろお休みの時刻も近かろう。

▼夜もふけて障子を閉める音に秋

秋風は麻薬のようにわたしに纏いつき、優しく撫でていきます。

こういう時間(時期)はだいたいが短いもので、まあそれでよろしい、人生は。

そんな風にして、エアコンもなく寝苦しく過ごした夏を許して、冬を迎える支度をするのだ。

鳥羽水族館・ソフトクリーム

« てるてる坊主 | トップページ | 人類は甘いモノを発見してから優しくなった »

【随想帖 II】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/58127550

この記事へのトラックバック一覧です: 夜もふけて障子を閉める音に秋:

« てるてる坊主 | トップページ | 人類は甘いモノを発見してから優しくなった »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31