M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 全力恋愛 | トップページ | トラブル 花も嵐もⅡ その54 »

2013年8月25日 (日曜日)

人生は、後半戦がおもしろい

人生は、後半戦がおもしろい。

Imggg

そんなコピーのぶら下がり広告を見つけた。それほど新しいものではないようだったが、こういう普遍的なキャッチコピーを思い浮かべられる人とその映像を発想する人、プランを考え出した人に拍手を送りたい。

言葉は複雑なものでないことが望ましい。

もしも、屈折して不要なことを考え、生きてゆくために、雑草や藻のようなものを足や手に纏いながら浮遊していたとすれば、言葉のウラやオモテにに理屈を当てはめて考え込むだろう。

人生ってのは、おもしろくないことだってあるし、後半戦ばかりが取り上げられることもなかろうと思い、また、人生じゃなくても面白いものはたくさんあるし、そもそも面白く無い奴が読めば詰まらないコピーだ、というのかもしれない。

そんな気の毒な人がもしもいたら、おもしろくなろうと呼びかけるのだが、面白いという言葉の活用形に「命令形」はあるものの、意思を持っておもしろくコトを変化させることは出来ない。

つまりは、この言葉自体が直感的に面白いのであって、面白く生きてきた人やこれから面白く生きてゆく勢いのある人、そういう意思のある人を讃えているのではないか。

面白いか面白くないか。そんなことはどうだっていいのだ。「後半戦がおもしろい」と直感が奮えることが大事なのだ。

« 全力恋愛 | トップページ | トラブル 花も嵐もⅡ その54 »

【雷山無言】」カテゴリの記事

コメント

Lisa さん コメントをありがとう。

みなさん、歳をお召になりながら、楽になってきましたとおっしゃいますね。
肩に力を入れずに、ゆったりと行きたいものです。

後半戦がいつからかなんて考えなくてもいいと思います。
考えないことが楽しいコツなんだろうと。

どっから後半戦なのかな?
面白いことばっかりじゃないけど、
いつからでも、人は変われるとおもいます。
あのぐちゃぐちゃだった若い時より、
少しだけらくになってきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/58064685

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は、後半戦がおもしろい:

« 全力恋愛 | トップページ | トラブル 花も嵐もⅡ その54 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31