2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 手放したのですねと言われて 花も嵐もⅡ その52 | トップページ | 脳梗塞 その4 ─ (暮らし) »

2013年8月 9日 (金曜日)

脳梗塞 その3 ─ (その人)

┘┘
┘┛血圧が高かった。
┘┘
本態性高血圧であった私の父も高血圧症で脳梗塞でした。しかし、投薬はしていましたが、食事を心得るようなこともせず、生活に気を配ることもしていなかったと思います。一方で叔父のほうは、食事中にもうどんのスープを飲もうとするところを叔母さんが厳しく注意したり、塩分の高いものをパクパクと食べようとすると普段から咎めていました。素直に応じていたとも言えませんが、何らかのブレーキにはなっていたと思います。
┘┘
┘┛亭主関白で自由奔放な人
┘┘
叔母さんの言うことなどは、外食などでは気にかけていなかったのでしょう。社会的にも地位・名誉も揃った立派な人ですし、お小遣いがあってもなくても親分肌で、面倒見が良かったし、憎まれることも言わない人だから、人付き合いも広かった。定年後もその勢いだったのでしょう。
┘┘
┘┛長嶋茂雄さんが脳梗塞ですね
┘┘
長嶋さんがテレビに出ていたのを国民栄誉賞のニュースで見た覚えがありますが、杖を突いて立っているだけなら叔父さんもそれほど変わりません。背筋をまっすぐにして顔もキリッと引き締まっています。長島さんの症状がどのようなもので、日ごろどのような治療をして、どんな暮らしなのかはわかりませんけれども、自由に動けなくなったのでさぞや悔しい思いをされているのでしょう。叔父さんも高校野球をしていましたし、社会人になってからはスキーや登山、釣りなど活動的でした。
 

« 手放したのですねと言われて 花も嵐もⅡ その52 | トップページ | 脳梗塞 その4 ─ (暮らし) »

【- Walk Don't Run -】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57969501

この記事へのトラックバック一覧です: 脳梗塞 その3 ─ (その人):

« 手放したのですねと言われて 花も嵐もⅡ その52 | トップページ | 脳梗塞 その4 ─ (暮らし) »