令和元年

  • 小満
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« トラックパッドとトラックボール | トップページ | 放浪記と永遠の0 »

2013年7月20日 (土曜日)

うなぎ丼(吉野家)

 

うなぎ丼(吉野家)

吉野家のうなぎを食べに行ってみました。 680円です。写真はひと切れです。

二切れ乗ると980円。

 
うなぎ王国の私の地方の人々にすれば、 近所の老舗の三切れ乗っていて1400円のうなぎ丼の方を選ぶだろうな。
 
「まつもと」なら「うな丼(上)」は1400円ですから。
 
吉野家のうなぎは柔らかくて味も普通ですし、損した気にはなりませんけど。
 
もしも高級うなぎ店が、美味しいご飯を炊いてこれを4切れ乗せて綺麗なお重に入れれば2500円で店に出しても合格だと思う。
 
でも、やっぱしうちの県の人は、近所のうなぎ屋で食べているひとなら、吉野家へは行かないだろうなあ。
 
何故ならば、うなぎってのはそれなりに高級価値を覚悟して美味しくいただくものであるし、お店に依って表面の焦げ具合や肉の厚み、柔らかさも違いますから、お手軽さだけを求めて食べには行かないと思う。

« トラックパッドとトラックボール | トップページ | 放浪記と永遠の0 »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うなぎ丼(吉野家):

« トラックパッドとトラックボール | トップページ | 放浪記と永遠の0 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31