2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 穴子を食う | トップページ | ディズニーを愉しむために  (その3) »

2013年6月19日 (水曜日)

雨のディズニーリゾート (その2)

6月12日、13日 雨降り

ホテル周辺の駐車場

 

 雨は容赦な降り続いて、京葉線が地上に出てしばらく走ると、臨海都市風の殺伐とした風景と変化しながら、雨粒も一段と大きくなってきたでした。

 

 夜行バスが山梨から国分寺あたりを走っているときに夜が明け始め、道路が少し乾いていたのでホッとしたのだが、都心に近づくとそれも裏切られた。

 

 早々に雨の覚悟はしていたのだし、台風の風が吹くわけではないので、荒れないことだけが慰めであったのだ。しかし、実はこの雨こそが私たちにラッキーを呼んだのだった。

 

写真の通り駐車場に車はない。おそらくハイシーズンには溢れるほどに車が止まるのだろう。吐き出される人々は一箇所に集中する。どんな状況になるのかは明らかなのであるが、雨のディズニーランド&シーには混雑はなかった。

 

ほとんどのアトラクションに20分程度の待ち時間で入れたのだし、レストランも休日の郊外のショッピングセンター程度の混み具合だった。

 

再び行くチャンスが有るならば、小雨の降ったり止んだりするような日がいい。パレードの時には雲が切れて、歓びが2倍になった。

 

☆同じようなことを(その1)でも書いてます。よほど、人が少なかったことが嬉しかったみたい。

« 穴子を食う | トップページ | ディズニーを愉しむために  (その3) »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57622502

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のディズニーリゾート (その2):

« 穴子を食う | トップページ | ディズニーを愉しむために  (その3) »