2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 夕焼け | トップページ | わたしの代わりに泣くさくら »

2013年6月 2日 (日曜日)

本気でもないのに

じゃんけんで負けて螢に生まれたの
蛇苺いつも葉っぱを見忘れる
 
池田澄子
 
**
 
「負ける」「見忘れる」というふだんの私の弱みを握ったような言葉が俳句には欠かせないのではないかと、時々そう思う。
 
弱音を吐いたり、言い訳をしたり、静かに考えて自分にいいように納得してみたりして、わたし自身に何かを言い聞かせてここまで生きてきている。 
 
930 本気でもないのに恋を占って途中で飽きる牡丹のはなびら 砂女
 
「本気でもないのに」というところが私好みで、俳句(で遊ぶ)人を泣かせてくれる。
泣かせるものはもちろん他にも数多いのだが、5弁の花びらを可憐に咲かせる初夏の花はも数多いものの、六つの花びらをさも安定させているかのように見せてくれる花は珍しく、他にも名前が浮かんでこなかった。
 
占いというのは、もう誰にも何にも縋れないときに初めて全身全霊で便りかかるものである。そんなことがあるとすれば生きている間にあと1回だけあるかないか。
 
「本気でもない恋」は何度落ちるのだろうか。そんなことを考えていた。

« 夕焼け | トップページ | わたしの代わりに泣くさくら »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57496704

この記事へのトラックバック一覧です: 本気でもないのに:

« 夕焼け | トップページ | わたしの代わりに泣くさくら »