2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ねこ | トップページ | イワシの蒲焼 »

2013年6月15日 (土曜日)

ディズニー(久しぶり)その1

6月11日の夜行バスに乗って、12日と13日に東京ディズニーランド&シーに行ってきた。

 

2,3日前になって突然太平洋上に出現した台風3号は、紀伊半島に向かってのろのろと北上し始めて、随分と私たち家族をやきもきさせた。一時はバスもホテルもキャンセルするという案も出たほどであった。

 

通常価格ならお一人様2万円以上というホテルを7千円余りで予約できたし、そのセットには3300円のバイキングの朝食も付いているということで、是が非でも行きたかったから、キャンセルの案は消えたのだが、もしもキャンセルをしていたらもっと悲しく残念な結果なっていただろうから、その時点で私たちに幸運の女神がついていたことになる。

 

台風は、あとから考えれば筋書きだったかのように、本州には上陸することもなく紀伊半島の南のほうでウロウロしていたらしい。私たちは心配をしながらも11日の夜に家を出てからの天気状況を気にかけるのはやめてしまったので、その後の台風がどうなったのかは知らない。

 

やきもきしたけど、最高に楽しかった。それが結論である。

 

台風なんかが来てくれたおかげで強烈に記憶に残る思い出となったし、何よりも雨男としての私の強い吸引力も証明されたわけだ。

 

雨は2日間とも降り続いた。そのおかげでアトラクションやレストランでの混雑がほとんどなかった。普通の遊園地の日曜日くらいの混雑だったと思えばいいくらいだったのです。

 

ベンチで囁き合うカップルの男の子が「雨で嫌だなーと思ったけど、少し濡れたくらいで、それで雨は嫌だと思っただけで、それ以外は全部良かったね、待ち時間は短かったし、涼しかったし、でも、パレードは雨が止んで見れたし」と話していた。

 

肩寄せあって囁き合っていた二人のあの言葉のとおりでした。また行くときは降ったり止んだりの小降りの日がいいかもしれないなんて、今になって思ってしまうほど。

ミニー・オー!ミニー

« ねこ | トップページ | イワシの蒲焼 »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57598313

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニー(久しぶり)その1:

« ねこ | トップページ | イワシの蒲焼 »