2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 逃げる | トップページ | ねこじゃらし »

2013年6月29日 (土曜日)

心配 花も嵐もⅡ その50

心配をすること。
 
この歳になって……と言っても説明にならない。1989年のツーレポに出てきたハイハイのムスメがいっぱしのおとなになって、というのがわかりやすいか。そういう時間を経て、やっと、一人旅に出る子どもを思う気持ちがわかるような人間に、私もなってきた。
 
ムスメはバイクではなく、夏フェスで山梨に行ったり広島に行ったり筑波に行ったりしている。バイクでないので事故の心配は少ない。しかしながら、広島でのフェスに行く時には、京都から出るバスに乗り遅れて一人で新幹線を飛ばしたりしている。それを、苦笑いでエールを送っている。山梨では大雨に降られてポンチョを使い込み潰している。いい経験だと思い、エールを送る。
 
私がバイクで出かけるときは、1週間から10日ほどは留守にした。ツマは何くわぬ顔で送ってくれていた。そのことをどのように思っていたのかを先日問うてみたら、「考えないようにしていた」のだと言う。心のなかには随分と辛いのを堪えていたらしいことがわかる。つまりは心配していたのだ。いまごろやっと理解しているのだからあほだと思う。
 
みなさまのおかげで旅に出られる。みなさまのお陰で毎日の仕事も続けられる。何にでも言えるのだが、そういうことに気づくのは、随分と歳を食ってからの事が多い(手遅れに近い頃だ)。でも、それはそれでいいじゃないか。これから出なおして幸せをつかもう。そんなことを考えながら、夏のバイクを楽しんでいる人たちの話をSNSで読んでいる。

« 逃げる | トップページ | ねこじゃらし »

【花も嵐もII】追憶篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57690904

この記事へのトラックバック一覧です: 心配 花も嵐もⅡ その50 :

« 逃げる | トップページ | ねこじゃらし »