2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 続2・なぜ温泉なのか 花も嵐もⅡ その43 | トップページ | つつじ »

2013年5月 3日 (金曜日)

なまぶし

味噌カツ

お魚にしようと思っていたのに、お味噌に釣られてお肉となった(5月2日の昼食)

なまぶし

▼なまぶしを食べて今夜は猫になる

ほんまに旨い。

子どものころは、なまぶしをカツオであるとは考えてもいなかったのではないか。
では、カツオであることを知らなかったのかというと、そのようなことはなかったと思う。

鰹節は毎朝食べる卵のご飯(卵かけ御飯)にようけ掛けてもらうし、時々自分でカツオの塊をゴシゴシと鉋で削っていたのだから、その塊である魚を柔らかく煮たのが「なまぶし」であると気づいていたはずだ。

併し食べる段階になってそんなことは吹っ飛んでいて、卵にかける鰹節はふりかけの一種であり、煮物になったなまぶし(生節)は醤油としょうがの染み込んだ辛いような甘いようなほっぺたがとろけるおかずだったのだ。

高額で高級なものを食べることが食の贅沢ではなく、こういう料理を極めて日常とすることに歓びを感じる。

季節は夏に向かう。
太平洋に面した県に住んでいて嬉しい。

« 続2・なぜ温泉なのか 花も嵐もⅡ その43 | トップページ | つつじ »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57298826

この記事へのトラックバック一覧です: なまぶし:

« 続2・なぜ温泉なのか 花も嵐もⅡ その43 | トップページ | つつじ »