フォトギャラリー(令和2)

  • エビ・キノコのスパ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 尽きることなく 花も嵐もⅡ その48 | トップページ | おかえり »

2013年5月28日 (火曜日)

おゆうはん (豆ごはん)

27日。

私の部屋からホトトギスの鳴き声が聞こえた夕暮れ時。
今年の初鳴きかもしれない。
 
おゆうはんは
今年二度目の豆ごはん。
 
ツマは豆ご飯が好きで
18歳の卒業式の前日に逝った母を想いながら
毎年このご飯を炊く。
 
三十数年以上も昔のことを手繰り寄せるために
豆の実をむいて米を研ぐ。
そしてご飯を食べるながら母を思い出す。
 
豆は、家でもらってきたものです。
この豆を毎年楽しみにして、この季節には豆ごはんを炊きます。
 
やがて私の母が死んでしまい
私のツマも老いぼれてしまった頃に
ムスメはこのご飯をどんなイメージで思い出してくれるのだろうか。
 
豆ごはん

« 尽きることなく 花も嵐もⅡ その48 | トップページ | おかえり »

【随想帖 一、】」カテゴリの記事

コメント

豆ごはん、私も大好きです。
そろそろ、ソラマメご飯も炊きたいな。
────
【ねこさん:コメント】
コメントをありがとう。
大人になってから好きになりました、豆ごはん。
ソラマメのご飯もあるのですか。やってみようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おゆうはん (豆ごはん):

« 尽きることなく 花も嵐もⅡ その48 | トップページ | おかえり »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト