フォトギャラリー(令和2)

  • エビ・キノコのスパ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 佇む 花も嵐もⅡ その36 | トップページ | 桜 »

2013年4月 5日 (金曜日)

人生は、sin、cos、tan。  清明篇

春には間違いなく桜が咲き、
そのころに嵐が吹いて花が散る。

 

別れを惜しむ人があれば、
出会いを歓ぶ人がある。

 

この時期は、羊羹を切った包丁の右と左のようなもの、
切り口のオモテとウラのようなものかもしれない。

 

sin、cos、tan。
サイン、コサイン、タンジェント。

 

人生は永遠の周期で、再帰的関数のふりをして
実は全てが新しい。

 

誰にも予測できないものであり
いとも簡単に方程式を解けるような錯覚もある。

 

薬指 薬指

 

指をスライサーで切りまして
血が止まらずに医者に行きました。

 

単に指を切っただけですが
この指の役割がよくわかった。

 

トラックパットの3本指操作に困るのはもとより、
両手を広げて、親指がお父さん指、人差し指がお母さん指……
と例えてうたを書いた人の素晴らしさにも感動する。

 

私の思いがちょっとした人にも伝わらなくて
地団駄を踏んだこともあったが
このごろは、再帰的関数の解のことを考えて
思い悩むことはやめにした。

 

▼地団駄を踏んで泣いたらひとしきり

« 佇む 花も嵐もⅡ その36 | トップページ | 桜 »

【裏窓から】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生は、sin、cos、tan。  清明篇:

« 佇む 花も嵐もⅡ その36 | トップページ | 桜 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト