« 宮城谷昌光 楚漢名臣列伝 | トップページ | 鴨だし@どん兵衛 »

2013年4月12日 (金曜日)

知らんぷりした夜日記が長くなる (新年度らくがき集)

新年度が始まって
あっという間の十日余りがすぎた。
きのうの帰りに田植えのすんだ田んぼを見た。

4月12日

▼お疲れさん週末近し桜餅

桜餅

4月11日

▼うなづいてキミを見つめると涙が出た
▼この冬におなかポッコリ太ったな

4月10日

▼おはようさん、立派な爺さんになりつつあります
▼けさみた夢が思い出せない
▼葱坊主おまえとオレは無関係

4月9日

▼夢に出て来た人に手紙を書こう
▼葉桜や僕は愛など知らないし

4月8日

▼港へとつづく坂道で君に電話した。
その坂道は九十九折の木漏れ日の道に変化して、やがて何かの映画でみたような素敵な切通しを抜けて、君のいる小さな入江の集落へと僕を導いてくれた。

▼忘れるという言葉もまた命令形は存在できない

4月7日

▼知らんぷりした夜日記が長くなる
▼そういえば、けさ虹を見たよ二人で
▼みずたまり、ぴょんと貴方にひとっ跳び ★ 元気にしてるか?
▼静かな朝や。鳥も啼かん。

4月6日

▼うそとほんとは紙一重。嫌いと言われて好きと思え……
▼大好きなあの人をあの映画のような大雨で洗ってみたい。そのあと、そっと抱きしめたい。そしてそのあと……
▼よう、降りました。お空キレイになったかな
▼新年度あけおめうれし春あらし
▼長靴を履きたいの春あらし待つ
▼メルアドを知ってるだけのカン違い

4月5日

▼地団駄を踏んで泣いたらひとしきり

4月4日

▼カーデガン羽織って想うキミの夜
▼猫のいる暮らしがしたいの、ニャアとなく
▼春嵐、幾つサヨナラをしただろう

4月3日

▼花びらの飛んであなたの髪飾り。散って古池花筏
▼風睨み飛ぶ花びらと飛ばぬ花びら

4月2日

▼散る花を追うてあなたの後ろ姿
▼花びらの散る美学なんて嘘っぱち
▼飲みたくてキミ誘ったら酔えなくて

4月1日

▼ほんとうはとっても哀しい散る花の
▼桜よりも貴方に好きと言わせたい
▼大好きだったあの人を花びらの如く
▼新年度明けましておめでとうございます。

3月31日

▼花筏足音止んで肩を抱く
▼花筏見下ろす人の心様々
▼ちりぬるをいいわけ添えて酒を注ぐ
▼吉野山散りはて果てに西行庵
▼別解があると言ったの嘘っぱち

3月30日

▼おしまいと書いて閉じられぬままの日記かな
▼黄色はそれほど好きな色ではないのですが、菜の花だけは許してしまう。それとあなたのカーデガンがその色だったとしたら、また違ってくる。
▼春浅きトイレに入って一時間

3月29日

▼願い事叶うと決めて待つ時間

« 宮城谷昌光 楚漢名臣列伝 | トップページ | 鴨だし@どん兵衛 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57155960

この記事へのトラックバック一覧です: 知らんぷりした夜日記が長くなる (新年度らくがき集):

« 宮城谷昌光 楚漢名臣列伝 | トップページ | 鴨だし@どん兵衛 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ