フォトギャラリー(令和2)

  • 「ピリ辛ねぎラーメン」スガキヤ(牛焼肉丼とサラダをセット)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 桜 | トップページ | 時計 »

2013年4月 6日 (土曜日)

おいしい季節  [裏窓から・号外]

ほんの一握りの人たちだけが知っていたことかもしれませんが、紀勢本線を1日1往復し「紀勢貨物」として多くファンを魅了していたディーゼル機関の貨物列車が3月末に廃止になりました。重たく長い貨物を引いて曲がりくねる鉄路を走り抜ける機関車の姿には哀愁を伴う感動がありました。(尾鷲市のHPにも「今週のスナップ」として掲載してます)

伊勢平野を通り抜ける時刻は早朝と黄昏時でした。時刻表に載っていないこの列車を通勤の行き帰りなどで見かけた人もあると思います。列車そのものが放つ鉄道の勇壮さだけでなく、長く連結されて黙々と旅する貨物の美しさに惹かれた人も多かったに違いありません。

鉄道輸送のひとつのステージに幕が下りたともいえましょうか。この1ヶ月ほどあとには、荷阪峠をトンネルで抜ける自動車道路が開通しています。

このごろはクリーンエネルギーコミューターとしての電気自動車が注目されたり、自転車をそのまま持ち込める電車が話題になっているのを見かけます。地域文化を紹介する記事もメディアで紹介され、昔ながらのスタイルを守りながら、ささやかにその土地で暮らしている人たちに触れることができます。

技術開発のニュースを見ると遅れてはなるまいと思うものの、それとは正反対に、ネット情報が伝えてくる近代から、一歩離れて暮らすのも粋なもんだと思うことも多くあります。急成長をしていた時代と違って、一息ついてスローに過ごす暮らしを見直そうしている人々がじりじりと増えていると分析する人もあります。私たちの地域にあう暮らしを大切にしたいと思います。これってきっと県民性ではないかと信じてます。

かます

春になっておいしい県内産の魚がお店に並ぶようになってきました。列車沿線の田園風景が日々変化します。いつの季節にも感じてますが、うちの県ってほんとにイイですね。

カツオ

« 桜 | トップページ | 時計 »

【裏窓から】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おいしい季節  [裏窓から・号外]:

« 桜 | トップページ | 時計 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト