令和元年

  • 小満
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ユースのこと 花も嵐もⅡ その38 | トップページ | 温泉のこと(リスト) 花も嵐もⅡ その40 »

2013年4月19日 (金曜日)

野宿のこと 花も嵐もⅡ その39

野宿ツーリングを始めたきっかけは、1992年の四国への旅で、4900円のテントを買って出かけたことがきっかけだった。

その頃は、キャンプブーム以前で、ノーブランドの安いテントはそれほど豊富ではなく、ホームセンターでも選べるほど種類もなかった。宿に泊まるほどの値段でテントが買えればそれで十分と考えた。

ひとりでテントに潜り込んで眠ることには大きば不安があった。設営場所を選ぶのに苦労したし、タイミングや食事や時間の過ごし方のノウハウも何もなかった。

しかし、頭で考えて、実際にやってみて、ノウハウが身について、アイデアが浮かんで、再挑戦する…というサイクルが定着すると、空き地を見るとテントが張れると思うようになってくる。

少しスリリングに、そして横着になって、度胸もついてくる。ケチで始めたキャンプツーリングが、だんだん目的に変化していく。

ツーリングマップには、キャンプ場が記載され、テントを積んで走る人が急激に増えてくると、銀マットのライダーと出会えば必ずピースを交わしたものだ。

貧乏でケチだったので高額なテントは買えなかった。雨降りに耐えられるような良い物も買えなかったので、YHや民宿と併用しながらキャンプツーリングを続けた。

« ユースのこと 花も嵐もⅡ その38 | トップページ | 温泉のこと(リスト) 花も嵐もⅡ その40 »

【花も嵐もII】追憶篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野宿のこと 花も嵐もⅡ その39:

« ユースのこと 花も嵐もⅡ その38 | トップページ | 温泉のこと(リスト) 花も嵐もⅡ その40 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31