« シャケ | トップページ | 野宿のこと 花も嵐もⅡ その39 »

2013年4月19日 (金曜日)

ユースのこと 花も嵐もⅡ その38

旅を深めてゆくひとつに、ユースホステルとの再会があった。

学生時代(1年時に)に北海道で幾つものYHの旅をして、卒業間際に諏訪湖、まほろばに行って以来、旅の宿としてユースをさほど意識していなかった。

だが、この回想記の最初で触れたように紀伊半島をめぐるツーリングに出て潮岬YHを利用したことや1984年に九州を旅して何箇所か利用をしていることから、その後も細々と利用し続けることになる。

四国YH共和国などの会員にもなって利用を重ねた。

すぐに名前が思い浮かぶところを書いてみよう。

久住高原YH
湯布院YH
桜島YH
湯山温泉YH

津和野YH
香宝寺YH
松江YH
浜坂YH
玉造YH

松山YH
宿毛YH
大堂海岸YH
定福寺YH
琴平YH
宇和島YH

有田オレンジYH
潮岬YH

木曾旅情庵YH
飛騨古川YH
郡上八幡YH
五箇山YH
諏訪湖YH
小諸YH

まほろばYH
石和温泉YH
浅間温泉YH
駒ヶ根温泉YH
戸隠YH
乗鞍高原YH
蓼科クライネYH
妙高池廼家YH

草津高原YH
六日町YH

大湯温泉黒森YH
山形YH
只見YH
裏磐梯YH
花巻YH
カワヨグリーンYH
遠野YH
道中庵YH
メープル仙台YH
田沢湖YH

桃岩荘YH
旭川YH
留辺蘂YH
川湯温泉YH
ウトロYH
阿寒湖YH
野中温泉YH

このくらいがスラスラと思い出せるところだ。
おおかた、建物の印象が記憶にあるものの、おそらく今は改築されているのだろう。

泊まるということの他に、そこの生活に馴染んで、旅人と語り合い、情報を交換し、新しいことを着想する拠点だった。

手に入れる情報は苦心したものばかりだった。

自分で考えて、そして決めて走る。
誰もが自分で決めて走った時代だ

簡単に手に入る他人がもたらした情報で、筋書きのある旅をしたことは一度もなかった。

私の旅ができなくなったから、旅をするのをやめてしまったのかもしれないとも考えることがある。

1998年津和野YH

« シャケ | トップページ | 野宿のこと 花も嵐もⅡ その39 »

【花も嵐もII】追憶篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57202941

この記事へのトラックバック一覧です: ユースのこと 花も嵐もⅡ その38:

« シャケ | トップページ | 野宿のこと 花も嵐もⅡ その39 »

M's Zoom

  • ゆうちゃん
    M's Days フォト

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ