M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« ひとしきり啼いて立ち去るホケキョかな ─ 春分篇 | トップページ | 物語は進まないほうが愉しいかも。その14 »

2013年3月24日 (日曜日)

花もやがて散ることを知る立ち話  ─ お彼岸篇

昨日、親子丼を作った。
久しぶり。

卵を5個も使った豪華なものだ。
唐揚げ用にカットした肉を9欠片入れて
丹念に焼いてから使うというのが私のやり方。

でも、丼に盛りながら、
あら砂糖を入れ忘れた……と気づいたのだった。

鯛

春は鯛。

夕飯は鯛。
県内産。

久しぶりで、うれしい。


3月22日(金)

ええ天気になって、午後から墓参り。

▼ぼたもちをやりそこなって三日食べ

母がぼた餅を失敗した話をしていた。
近所に配れずに三日食べ続けたという。

80年以上生きてきて
あんこを作り損ねるとは。

弘法も筆の誤りか。

忘れずに咲くふるさとの庭の沈丁花

沈丁花


3月23日(土)

仕事にゆく車窓から。

麦畑

▼遠き日や心の奥に残る雪
▼花もやがて散ることを知る立ち話

***

帰りの電車の中でミカンを食べてるおばさんたちがいる。
ミカンと言っても大きくて綺麗な種類のもので
甘い香りが車内にただよう。

今日は休日なのだ。

坂の下のサクラ

この写真は朝に撮ったもので
たぶん、帰り道のサクラはもう少しひらいていたような気がした。

**

さて、そんなこんなで3月24日になりました。

お散歩がてらに日曜日の朝市に行く。
ムスメさんはお気楽にお仕事に出かけて行った。
年度末ですな。

« ひとしきり啼いて立ち去るホケキョかな ─ 春分篇 | トップページ | 物語は進まないほうが愉しいかも。その14 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57021232

この記事へのトラックバック一覧です: 花もやがて散ることを知る立ち話  ─ お彼岸篇:

« ひとしきり啼いて立ち去るホケキョかな ─ 春分篇 | トップページ | 物語は進まないほうが愉しいかも。その14 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31