2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« あの夜は垂氷の道を手をひかれ 砂女 | トップページ | 雨音や二人静かに酒を飲む 二月尽 »

2013年3月 2日 (土曜日)

うそ

決して決してばれない嘘をひとつつく あたしのためにあなたのために  砂女

(決してばれない嘘とは真実のことではなかろうか)
と砂女さんは最後に書いている。

ウソはバレてこそウソの甲斐がある。
バレて欲しいなと思いながら嘘をつく。
バレも許される嘘をつく。

嘘をついている瞳をじっと見つめてくれているその人の顔を睨み返して、この人私のことどこまで好きなのかしらと、空想する。

うそ

« あの夜は垂氷の道を手をひかれ 砂女 | トップページ | 雨音や二人静かに酒を飲む 二月尽 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/56869395

この記事へのトラックバック一覧です: うそ:

« あの夜は垂氷の道を手をひかれ 砂女 | トップページ | 雨音や二人静かに酒を飲む 二月尽 »