2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 線で結ぶ 花も嵐もⅡ その35 | トップページ | 花もやがて散ることを知る立ち話  ─ お彼岸篇 »

2013年3月21日 (木曜日)

ひとしきり啼いて立ち去るホケキョかな ─ 春分篇

3月20日(水)、春分。

朝から鶯がやかましい。

▼ひとしきり啼いて立ち去るホケキョかな

寝床で鶯を聞きながら、
朝寝をしてみる。

用もなく布団に入っているのは
ある意味で贅沢なのだが
時間を棄てているようで、
せっかちな者には些かイライラする。

もうすぐ、
父と一緒に暮らせた時間が、
逝ってしまってからの歳月に追い抜かれる。

▼彼岸なり。生きていれば誕生日
▼春分の庭の花だけ賑やかに

ほんとうは誕生日であった日に
墓参りに行きたいところだが
金曜日にすることにして
家族がそろった日なのでイオンに出かけた。

生きているときには
誕生日に祝いもしたこともなければ
おめでとうも言ったことがなかった。

おやじというのは寂しい立場なのだとつくづく思う。

**

夕方から土砂降りになる。
春の雨は濡らされても憎めない。

▼春暁の三行目をひた噛み締める


桜はもう少し

19日
1時間半ほどの自転車散歩をしてきた。
中部台公園のテニスコートの前の桜もほころび始めていた。

« 線で結ぶ 花も嵐もⅡ その35 | トップページ | 花もやがて散ることを知る立ち話  ─ お彼岸篇 »

【裏窓から】 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57007611

この記事へのトラックバック一覧です: ひとしきり啼いて立ち去るホケキョかな ─ 春分篇:

« 線で結ぶ 花も嵐もⅡ その35 | トップページ | 花もやがて散ることを知る立ち話  ─ お彼岸篇 »