2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その14 | トップページ | 雨あがりの鉄路 »

2013年3月26日 (火曜日)

サヨナラと言い出しかねて桜かな ─ 3月下旬へ

異動で少しざわついてます。

3月25日(月)

▼お別れね泣いてもいいわ花見てる
▼桜吹雪少し早めの涙目で
▼サヨナラと言い出しかねて桜かな

桜の花に悲しい思い出がある訳でもなく
かといって、嬉しい思い出もない。

子どものころ、校庭の桜は入学式のころに咲き乱れ
図工や美術の時間の写生で桜を描いたことが多かったが、
私は絵が下手で、
この訳の分からない形をした花の塊の木は嫌いだった。

国の一句(第15回)で

 散る花と国の峠でわかれたり

と詠んだ私は、
なかなか上等なストーリーテラーだな…と苦笑してしまう。

3月26日(火)

▼貴方にはあげたくないのボクの月

満月だったらしいのだが、
そんなことに気づきませんでした。

ニッカ モルトクラブ

くつろぐ

*
*

くすぶる

手紙もよこさない
何の連絡もないけど
元気にいることは推測できる。

若いときは生きて成長するために
フルパワーで立ち向かうのだが

このごろは
味わうことを掛け替えがない
と思うようになった。

むかしの友も、
世界のどこかで生きていれば
お互いが幸せでそれでいい
と考えた時代から

残り少ないパワーで
次の世代に伝えておくべきよいことを
語り合う必要もあるから、

古き友よ、オマエはそんなところで
くすぶっているのではなく。

語り合うこともなかったが
何かを語り合いながら
終楽章へと向かいたい。

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その14 | トップページ | 雨あがりの鉄路 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/57044590

この記事へのトラックバック一覧です: サヨナラと言い出しかねて桜かな ─ 3月下旬へ:

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その14 | トップページ | 雨あがりの鉄路 »