2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 節分に思う | トップページ | 春まぢか付箋の色をかえてみる 立春篇 »

2013年2月 3日 (日曜日)

節分を濡らして待つやぬるい雨 ─ 節分篇

かくして
私のインフルエンザ罹患と
ツマのあばら骨の骨折事故で
1月が暮れていった。

2月2日(土)

全然あぶなくない土曜日。
雨は夜が更けてから降り出したようだ。

▼節分を濡らして待つやぬるい雨
▼待つ春の小雨恨めし足袋濡らす

おそがけに新聞を取りに外に出たときには雨は上がっていた。
実際のところは朝寝をこいたのでよくわからない。

あばらの骨折はなかなか思うようには治らないが、
こればかりは仕方がないでしょう。
いつもより少し遅めにツマは職場に出て行きました。



2月3日(日)

私は洗濯干しの当番でオモテに出るが、

指が悴むこともなく
暖かい陽射しで厚着のセータの背中も
汗ばむほどである

▼逢いたくて私は鬼になりすます

ちかごろ、気に入った作品が書けずにいて
その原因は、
遠近両用の眼力で睨んでみると
自分の心にあるらしい…

はてさて、
心に鬼を持てということであろうが。

宮本輝
三千枚の金貨
読み始めました。

宮本輝 三千枚の金貨(上・下)

« 節分に思う | トップページ | 春まぢか付箋の色をかえてみる 立春篇 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/56679989

この記事へのトラックバック一覧です: 節分を濡らして待つやぬるい雨 ─ 節分篇:

« 節分に思う | トップページ | 春まぢか付箋の色をかえてみる 立春篇 »