フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 峠越え  花も嵐もⅡ その34 | トップページ | iPadミニ レザーケース »

2013年2月10日 (日曜日)

春まぢか付箋の色をかえてみる 二月中旬号

2月8日(金)

▼雪女抱かれてみたい死ぬ前に

そんなことを書いている。
どこかの女性にひっそ入りと思いを寄せているのか。

三千枚の金貨を読んで、またまた登場人物に思いを寄せているのか。
確かに室井沙都のイメージ化すると、私なら黙り込んでしまいそうだ。


2月9日(土)

少し寒さが戻ったかな。
でも、部屋でのんびりして、明日は京都にいこうと考えていた。

▼木枯らしや隙間探して待合室

JRを乗り継いで京都まで行っても旅情があるけど
家族同一行動のほうが何かと便利なので、
時刻表を見るだけに留まることが多い。

木枯らしの待合室の風景でも想像したのだろうか。
真相は不明の一句であった。

さて、
ちっともいい句ができないなあと嘆いていたらぽっと浮かんだ。

▼春まぢか付箋の色をかえてみる

iPodのケースを買いに街まで出かけるのが何となく嬉しいみたい。

寒いので早く寝てしまおうと書きながら

▼悔しくて。悔しすぎるから明日がある
▼おやすみと言いたくない人、一人居る

なんていう二句を書き残していた。


2月10日(日)

朝から京都。
松屋やきにくすてーき、という店が四条河原町のマルイにあって
そこでお父さんたちと一緒にお昼を食べる。

松屋のすてーき屋さんにて

 

« 峠越え  花も嵐もⅡ その34 | トップページ | iPadミニ レザーケース »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春まぢか付箋の色をかえてみる 二月中旬号:

« 峠越え  花も嵐もⅡ その34 | トップページ | iPadミニ レザーケース »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト