M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« うそ | トップページ | 花の雨お百度石をよごしけり 飴山實 »

2013年2月23日 (土曜日)

待ち遠しいものいくつもありまして  雨水篇

18日、雨水の朝。

いつもの年よりも幾分寒い日が続くこの頃に、少し辛抱し兼ねている自分をみて、

▼卒業に苦心しつつ雨水の暦繰る

なんてことを書き残している。

卒業式が3月下旬であったのだから、いまころにはすでに卒業の確定は出ていただろうと思うが、人よりも長かった学生時代のことを思い出すと、晴れの日のことよりも雨の日のことのほうが思い出深い。

いわゆる出来のいい人たちは順風満帆に若きころを送り、およそ筋書きに書かれた通りの道を歩まれるのだろうが、私の場合はそう簡単には済まなかった。

怠け者であったこと、闘争心に欠けること、そして何よりも諦めるのが人一倍早いこと。

三十年以上も昔の記憶はもはやまったく正確ではないのだが、このごろは記憶なんてのはそんなふうに風化してしまっも構わないじゃないかと思うようになっている。

死んでしまったら影も形もなくなるし、そんな歴史を偲んだところで何が始まるわけでもない。そんなお荷物は、形のあるものも形のないものもすべて、持ってどこかの世界にゆけるものでもないと思っている。

だから、答案用紙に「就職が決まりましたので卒業させてください。試験問題の解答はわかりませんが、一生懸命に勉強したことを以下に書きます」というようなことを前書きして、別のことをA4の真っ白の解答用紙にびっしりと書いたことや、そういうおバカで実直な奴があの時代にはいたのだということ、そして、あのころの先生方は、卒業時に入学者同期が半数も残らないほど厳しく落第させた時代であったにもかかわらず、私のような答案を書く者を大目に見てくださった側面もあったことを、こうして語り遺しておけば私はそれでいいと思っている。

雨水のころ。冷たい雨に打たれながら大学にでかけていき、先生にお願いして回ったことも懐かしいが、あのころの雨は冷たいのであるけれども、手を凍えさせるほどにも非情ではなかった。

3月下旬の卒業式は晴れで、あくる日は土砂降りだった。気象台のデータを辿ると19日が降水なし、20日に雨が降っているから、ちょうどこの時だったのだろう。


19日の朝は、夜中に降った雨が朝方まで残り、傘をさして出かけた。
駅を降りると花びらが散るように雨つぶと雪の欠片が混じって降っていた。
高校生が傘をささずに自転車でかっ跳んで行ったくらいだから、それほどのものでもなかったということだろう。

実にめずらしく
雨に何か舞うものか混じり始めた。

三年生のいない列車
冷たい雨
隙間風

そんな朝であり、そんなメモが残っている。

▼待ち遠しいものいくつもありまして

そんなことを書いて

それは、
人であり
季節であり
変化であり
寿命でもあるのかもしれない。

そんなことを考えている。


« うそ | トップページ | 花の雨お百度石をよごしけり 飴山實 »

【裏窓から】 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/56822477

この記事へのトラックバック一覧です: 待ち遠しいものいくつもありまして  雨水篇:

« うそ | トップページ | 花の雨お百度石をよごしけり 飴山實 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31