2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 寒風や汽車はゆるりと闇に消ゆ 1月中旬号 | トップページ | 目をつぶる雪がとうとうと降っている 1月中旬2号 »

2013年1月19日 (土曜日)

「のほほん」と「ゆるゆる」

これを書いてからひと月ほどを迎えようとしている。

自分自身をなかなか振り返ることができないなかで、正月を過ごし、何もなかったように新しい年が加速してゆく。

「大晦日から正月へと切り替る」ことのある種の「畏れ」のようなものを私たちは忘れてしまているのではないか。

何不自由なく暮らし、何が幸せなのかを見失い、その失踪にさえ気づかずに、のほほんと生きる。

「のほほん」と生きることと「ゆるゆる」と生きることを混同して、「ゆるゆる」だけが独走して暴走してゆく。

明後日は母の誕生日。
その明くる日は父の命日。

« 寒風や汽車はゆるりと闇に消ゆ 1月中旬号 | トップページ | 目をつぶる雪がとうとうと降っている 1月中旬2号 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/56574911

この記事へのトラックバック一覧です: 「のほほん」と「ゆるゆる」:

« 寒風や汽車はゆるりと闇に消ゆ 1月中旬号 | トップページ | 目をつぶる雪がとうとうと降っている 1月中旬2号 »