令和元年

  • 小満
    令和の足跡

M's Zoom

  • 大井川鉄道(5月6日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • 忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 年の初めに考える ─ 小寒篇 | トップページ | 麦畑 »

2013年1月 6日 (日曜日)

もっと遠くへ 花も嵐もⅡ その32

社会人になって初めて買ったオートバイは、赤色のCBXというバイクでした。

1983729

このバイクでは、二人で遠くまで出かけた思い出があるが、GSXでは一度も後ろに乗せたことはなかった。

大沢温泉にて

GSXのデビューは「その31」で書いた北海道ツーリングで、それ以降も私のツーリングはいつも1人であった。

90年の夏を過ぎて、今の地に引っ越してきて、ネットで知り合ったバイクの仲間が少し増えた。

できる限り人には会わないで、nifty のオートバイフォーラム(FBIKE)のツーリング部屋を切り盛りしながら、私は1人で出かけることが多かった。ネットでの知り合いにも実際に会うようなことはしなかった。

それでも、GSXというバイクが珍しかったこともあって旅先で声をかけられることがあり、ひっそりと有名人なのかもしれない、などと思って愉しんだ。

中日ネットの皆さんとは、せせらぎ街道や中山道を御一緒することが多かった。

私の旅は、信州の乗鞍高原へ出かけて信州に目覚めて始まり、奥飛騨、木曽路、美濃路で育まれた。

その間に、四国を拓き、東北へも出かけて、この二つの地域が私の大好きなツーリングエリアとなってゆく。

« 年の初めに考える ─ 小寒篇 | トップページ | 麦畑 »

【花も嵐もII】追憶篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと遠くへ 花も嵐もⅡ その32:

« 年の初めに考える ─ 小寒篇 | トップページ | 麦畑 »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31