2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その13 ─ 第九 | トップページ | おまめさん »

2012年12月13日 (木曜日)

朝焼けや飛行機雲をひとつ抱く  12月中旬突入号

12月9日

▼雪かしら、予想にそわそわ宵の入り
▼おでん食うおそ松くんを語りつつ

寒い予感がしたのだろう。
寒い夜みなさんくれぐれもお早うにお休みなさいますように。
などと書いている。

もしも雪が白色てなければ、
今宵、
こんなに静かに夜を迎えないだろうな。
少しずつ寒さが近づく。

12月10日

そろそろ、
年の瀬も加速する。

そんなときに
桜餅を食べて
美味しい
と喜んでいる。

雪の便りが届く。
うちより北のほうは、

今も降ってるのでしょうか?


12月12日

寒い朝だった。

冬はつとめて……
寒い朝、好きです。

きょうから手袋。
東の空に月と星。
雪なし。寒くない。

おはようございます。
雪ですね、どちらもこちらも。
そんなことを書き込んで、朝の快速に飛び乗る。

そして

おはようございます。
しっぽり積もりましたね。
というようなことを書き込んで
北国の方と挨拶を交わす。

 

12月11日

▼月もなく星もなく君もなく
▼朝焼けや飛行機雲をひとつ抱く

12月中旬、年の瀬の準備を始める。

 

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その13 ─ 第九 | トップページ | おまめさん »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/56374740

この記事へのトラックバック一覧です: 朝焼けや飛行機雲をひとつ抱く  12月中旬突入号:

« 物語は進まないほうが愉しいかも。その13 ─ 第九 | トップページ | おまめさん »