2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« スティーブ・ジョブス | トップページ | 届いていても »

2012年11月 8日 (木曜日)

そんな季節を迎えようとしている 立冬篇

今月号では鳥羽市立菅島小学校エコ・ボランティアクラブを紹介した。書きながら、子どもたちの活動を思うと感動の波が押し寄せてきた。じっと熱くなるものがある。

*

あとがきから。

いよいよ秋たけなわです。京都・奈良の古刹からは紅葉のたよりが届いてきます。

 柿食へば鐘がなるなり法隆寺 

古都を歩くのがいい季節になってきました。深まる秋を味わいながら小春日の里山を散策をしたいものです。子規の柿好きは有名で、柿を詠んだ句は いくつもあります。

 風呂敷をほどけば柿のころげゝり

伊勢地方は柿が特産ですので、美味しそうな柿が店先に並びます。子どものころから柿はどこの家の庭にも成っていて、よじ登ってもぎ取って食べると いうのが当たり前のスタイルでしたから、なかなか田舎育ちの者には買ってまで食べることがなく、今や高級な秋の味覚となりつつあります。

このような記事を書いている間に立冬が過ぎてしまいました。伊勢平野には「鈴鹿おろし」「布引おろし」という北風が吹きます。

 干柿の暖簾が黒く甘くなる  山口誓子

そんな季節を伊勢平野は迎えようとしています。

« スティーブ・ジョブス | トップページ | 届いていても »

【裏窓から】 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/56071775

この記事へのトラックバック一覧です: そんな季節を迎えようとしている 立冬篇:

« スティーブ・ジョブス | トップページ | 届いていても »