M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか | トップページ | 拝むということ »

2012年11月 2日 (金曜日)

父の帽子のこと、母のこと

父の若きころを思い出そうとすれば帽子を被っていた姿が印象的である。家族で外出をしたときに鳥打帽を被って私を抱き上げている写真が残っていた。うしろに大きな鳥居が写っていたので参宮にでも出かけたときのものだろう。

鳥打ち帽などという呼び名を今では使わなくなったな、と懐かしく思う。その帽子を被ったまま私を肩車してくれている。そうだ、あのころの子どもは、誰でもがお父さんに肩車をしてもらったものだ。肩の上はとても高くて見晴らしが良かったなあ、と今になって思う。

そういう写真の記録を、私はあまり大切にしなかったことをとても反省している。今さらジタバタと探しても仕方のないことだが、写真は当然のことながら白黒で、昭和三十年代始まりのころの人々の姿や装いも記録されたわけで、とても貴重だったのに粗末にしてしまった。

厚くて重そうな外套ふうの上着を父は纏い、母は和装で、着物に何かを羽織っていた。鳥居の近くで人の行き来の様子が写っていたので、正月だったに違いない。今であれば東京に出掛けて行くくらいの感覚なのだろうか。

そういう意味で、伊勢は遠かったのではないだろうか。子どもの頃、伊勢でなくとも、もう少し近くの街に家族で汽車に乗って出かけた記憶がある。蒸気機関車はわりと遅くまで走っていて、大人になるまでにも何度か行った伊勢市の駅などで見かけた。伊勢市駅には大きな機関区があって、遠くまで走ってゆく長い長い客車を引いた2連の蒸気が濛々と煙を吐いていたのも覚えている。我が家の裏の線路を走る蒸気よりもっと勇壮だった。

そうそう、蒸気機関車といえば、トンネルに入ると必ず煙に巻かれて、煤が眼に入ったものだった。痛がる私の目玉を母は、いつも、ペロリと舌で舐めて取ってくれたことを思い出す。

« 金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか | トップページ | 拝むということ »

【- Walk Don't Run -】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/56027389

この記事へのトラックバック一覧です: 父の帽子のこと、母のこと:

« 金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか | トップページ | 拝むということ »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31