2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« そんな季節を迎えようとしている 立冬篇 | トップページ | さようなら10回言えば秋がくる ─ 11月上旬篇 »

2012年11月 9日 (金曜日)

届いていても

届いていても

▼坂道のアワダチソウが憎くなる

そんな季節ですね、という手紙を書きたくなる。
返事なんかいらないよ。
届いているならば。

▼雨上がるあなたにメールで知らせたい

恋をしていないと
いい作品は書けないのだ。

このごろはだめや。

理由は、誰にも言えない…
キミなら御見通しかな。

▼着信を震える指で確かめる

いつか、何度か書いた手紙
届いているのはわかっていても
切なかったなあ。
ケータイが胸でバイブして
それがあなたからのメールだっときは
ドキドキが止まらなかったな。

« そんな季節を迎えようとしている 立冬篇 | トップページ | さようなら10回言えば秋がくる ─ 11月上旬篇 »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/56076833

この記事へのトラックバック一覧です: 届いていても:

« そんな季節を迎えようとしている 立冬篇 | トップページ | さようなら10回言えば秋がくる ─ 11月上旬篇 »