フォトギャラリー(令和2)

  • エビ・キノコのスパ
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 武田百合子 ことばの食卓 (ちくま文庫) | トップページ | 竜田揚げ(サンマ) »

2012年9月17日 (月曜日)

満月を待つ

あの雲がおとした雨にぬれてゐる   山頭火

はたして、いつの時代にも弱い人がいて、

 

 

 

 

 

どうしようもなく情けない人がいるのだろうか。

私もきっとその1人なのだろうと思うと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予期せぬ雨に降らて濡れて歩いているのも悪くはない。

しかし、だ。

人は、もともと、

 

もっと闘争的で向上心にあふれて、

 

革新的で熱血であったのではないか。

雨に濡れる自分を認めたくない私がいる。

それは、
嵐が誘った不安定な雨雲であっても

 

 

 

 

 

予期せぬ風が吹いて気流を乱したとしても

私は自然の中で生きていて

 

そんなことではへこたれたりしない

 

 

 

 

 

鈍感な人間でありたいと願ってきた。

今は

 

満月をまっている呼吸の谷間

 

 

« 武田百合子 ことばの食卓 (ちくま文庫) | トップページ | 竜田揚げ(サンマ) »

【イマージュ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満月を待つ:

« 武田百合子 ことばの食卓 (ちくま文庫) | トップページ | 竜田揚げ(サンマ) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト