2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 人生は秋刀魚一匹のごとくなり | トップページ | 彼岸 »

2012年9月29日 (土曜日)

人生は秋刀魚一匹のごとくなり ─ 9月下旬篇

9月23日(日)

▼目が覚めた。雨降ってるの?音もなく
▼キスしたいなんて言い出せなくて
▼方程式解けない嘘のプロポーズ
▼ため息を吐けば雨音一段と
▼鳥肌が立つほど開けて布団着る

ふたたびおやすみ

▼ため息をつけば雨音一段と
▼ため息はつくもの、そっと脇に置く

おはようみなさん。元気な雨降り

▼水たまり秋という字が沁みこんで
▼この雨の冷たいところがええですの

このごろはアスファルトばかりで水たまりなどない。
長靴で踏み込んで、濡れなくても済んだはずの靴下を濡らす。

いたずらをたくさんする方が、
きっと恋もたくさん実るような気がする。

▼失恋の詩はくずかごへ秋の空
▼青空に誘惑されるな受験生

高校生があさの列車のなかで英語の副読本を必死で読んでいる。
この時間が役に立つことを今のうちから知っているようでは可愛げがない。

無心で勉強しなさい。
役に立たないこともたくさんあるけど
そんなものだということ知ることは有意義だ。


9月24日(月)

ごく普通の夕暮れなのに、
おでん屋の前だけ
秋風が吹いていたみたいに思えた

▼何もかも許せてしまうそんな秋
▼冷え込んで猫が布団に乗る季節

もしも君と歩いていたとしても
僕はきっと君を店には誘えないと思う。

本当に好きな人には
さようならを行って分かれる。


9月25日(火)

▼虫が鳴くお前も泣けと闇に誘う

サンマ立田揚げ風 ふたたび

サンマ立田揚げ風 ふたたび

立田揚げ風のサンマと写真にはないけどカボチャを炊いたものをいただく。

珍しく沢庵漬けがあったのですが、ありふれているのでカット。



9月26日(水)

▼サトイモや里帰りしたし食われたし
▼こむら返り起こって目覚める秋の朝
▼アオリイカ出始めましたと便り届く

9月27日(木)

▼秋が好き君が好きさと箸焦がす
▼切なさも林檎齧れば酸っぱさに

この日もサンマを食べたのだった。

9月29日(土)

▼人生は秋刀魚一匹のごとくなり

そんなもんだ、人生は。

« 人生は秋刀魚一匹のごとくなり | トップページ | 彼岸 »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/55772109

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は秋刀魚一匹のごとくなり ─ 9月下旬篇:

« 人生は秋刀魚一匹のごとくなり | トップページ | 彼岸 »