2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 師は無言でなくてはならなかった | トップページ | 久しぶりに食堂に - 鯛 »

2012年7月 1日 (日曜日)

物語は進まないほうが愉しいかも。その11

物語は進まないほうが愉しいかも。その10
あら、いつ書いたっけ。

てなわけで、2012年01月15日に書いて放置していた。

そのうち忘れるやろうし
誰も何も期待をしていないし。

ところが、

ふと、ひょっこり、メールを出したら
「チケット一枚余ってまして」
というメールがきたのであった。

というわけで
2012年6月30日土曜日に行ってきました。

ダニエル・ハーディング指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団

県文。久しぶりの大ホール。

2階席の前から2列目。
1列目はS席で6000円なんですが、2列目は5000円です。
隣には素敵なヒト。

よかったあ。
オケはええなあ。

ということを記録しておこう。

(あとは記憶で)

ダニエル・ハーディング指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団

ダニエル・ハーディング指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団

« 師は無言でなくてはならなかった | トップページ | 久しぶりに食堂に - 鯛 »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/55093388

この記事へのトラックバック一覧です: 物語は進まないほうが愉しいかも。その11:

« 師は無言でなくてはならなかった | トップページ | 久しぶりに食堂に - 鯛 »