2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« もっと遠くへ ─ 花も嵐もⅡ その11 | トップページ | 衣替え貴方の腕をじっと見る ─ 芒種篇 »

2012年6月 2日 (土曜日)

ひきだし

開けることを忘れていたほどほったらかしにしてあった本棚の下のひきだしに、おとやんの直筆の手紙があった。

学費を振り込んだので、しっかり勉強しなさい

と書いてある。

三十四、五年前のものだ。

鉛筆書きで
旧仮名づかい。

しょっちゅう手紙を書くと
勉強の気が散るので
手紙はあまり書かないことにする。

健康に気をつけて。

と書き、終わっている。

公衆電話といえば、店先に赤電話があっただけの時代だ。
手紙を書く夜は、さぞや長かったのだろう。

« もっと遠くへ ─ 花も嵐もⅡ その11 | トップページ | 衣替え貴方の腕をじっと見る ─ 芒種篇 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/54858953

この記事へのトラックバック一覧です: ひきだし:

» 「怒らない」 「泣かない」 「笑わない」 [- Walk Don't Run -]
人は暮らしに慣れてくるとそのままの状態で居続けたいと思う。幸せであればそれを崩したくないし、豊かであればそれを失いたくない。どん底の暮らしに落ち着いてから這い上がろうとしないのは私の持って生まれた性分なのであろうか。 もともと欲の深くない人間だったのだろうか。まさかそんなことはあるまい、と自答しながらも、自問は続けない。 父は多くを語らない人であったが、何も考えていないというわけではなかった。人生哲学のようなものは持っていてときどきそのことを話すことはあった。しかし、酒を飲んだりテレビを見たりしてい... [続きを読む]

« もっと遠くへ ─ 花も嵐もⅡ その11 | トップページ | 衣替え貴方の腕をじっと見る ─ 芒種篇 »