2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 立ち読みの収穫 ─ 島田裕巳 映画は父を殺すためにある | トップページ | 怖くないやさしいエネルギーに巡りあう »

2012年5月13日 (日曜日)

覚悟

どんな問題にせよ、いきなり易を立てるということはしない。占い師は判断を最初から請け負うわけではない。判断は迷いの段階で君主によって、またはその他の官僚たちによって、軍人によって、充分に練られ細部まで考えつくされていなくてはならない、関わりを持つ者がそれれぞれの立場で考え、議論を重ね、すべての可能性の筋を読み、迷う。そして最後の最後に、その熟慮の果てに、人間として考えを絞りに絞ったあげくに、二つに一つを選んで悔いないために、易が立てられる。筮竹を絶対に信ずるという覚悟が全員にないかぎり易は立てられない。人間の言うことではどうしても疑いが混じる。だから、人の心の入らない筮竹というものに頼る。易とはそういうものだった。

池澤夏樹 真昼のプリニウス P212

« 立ち読みの収穫 ─ 島田裕巳 映画は父を殺すためにある | トップページ | 怖くないやさしいエネルギーに巡りあう »

【語録選】 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/54702222

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟:

« 立ち読みの収穫 ─ 島田裕巳 映画は父を殺すためにある | トップページ | 怖くないやさしいエネルギーに巡りあう »