2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 弱虫も啓蟄過ぎて顔を出す ─ 三月お水取りのころ | トップページ | 金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか──「奥の細道」の経済・関所・景観 »

2012年3月14日 (水曜日)

温かくて晴れる日を待っています

松名瀬海岸にて 松名瀬海岸にて

2012年2月29日(水)の日記にも書いたけど、今年最初にエンジンをかけて、岐阜にお嫁に出すときは自分で乗っていこうと決めたのだが、なかなか、三月になって暖かい日がやってこない。

14年も付き合ってきたのだから最後はしっかりと乗ってやりたいと思っている。

そのあと、4月から?

しばらくは、オートバイから離れてみるかなと思っています。
18歳から14歳までの間にも、まったく乗らずにいた期間があったのです。
この間に免許もなくなってしまったので、私のバイクの免許は24歳のときに取得したことになっています。

また戻ってこることができると思っています。体力と好奇心を元通りに元気にさせてから戻ります。

ひとつのけじめとして、このブログに書いている「花も嵐も」の続編を、少しでも書けたらいいなあ、とか考えたりしてます。

« 弱虫も啓蟄過ぎて顔を出す ─ 三月お水取りのころ | トップページ | 金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか──「奥の細道」の経済・関所・景観 »

バイクと旅と昔話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/54220372

この記事へのトラックバック一覧です: 温かくて晴れる日を待っています:

« 弱虫も啓蟄過ぎて顔を出す ─ 三月お水取りのころ | トップページ | 金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか──「奥の細道」の経済・関所・景観 »