2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 続 3匹のこぶた (その4) | トップページ | 「プラ」ごみを考えてみる その2 ─ レジ袋のこと »

2012年3月22日 (木曜日)

「プラ」ごみを考えてみる

きのう、FACEBOOKとtwitterに

引越し難民を受け入れるため台所を掃除したらスーパーレジ袋が45リットルに3袋分出た。まだまだゴミ出る。
プラ扱いと不燃物、雑紙が多い。
不燃物も3袋は硬いなあ。
自分の家で実際にやってみて、社会の実態を予測できた

と書いてみた。

プラ プラ

この「プラ」マークが、非常に身の回りに多いことが分かって、しかも、きちんとポテトチップスやラーメンなどの「袋」を集めてみれば普通の「紙ごみ」よりもたくさんの袋が必要なのかもしれない、ということがわかった。

さらに、雑紙と呼ばれる雑誌ではなくダンボールでもない紙類も多いことに気づく。雑紙は、いわゆるパンフレット類、1枚モノの案内紙、ポッキーなどの箱も含まれる。

どうしてたくさんあるにもかかわらず、まとめてもらえず、つまりは資源ごみに回してもらえないのかを考えてみたが、答えは非常に明快だった。

分別は簡単であっても、ゴミとして出すときに面倒だからだ。
現代人は面倒なことをしてまで、みんなのためには尽くさない。
震災被害支援というような大義名分でもない限り。

« 続 3匹のこぶた (その4) | トップページ | 「プラ」ごみを考えてみる その2 ─ レジ袋のこと »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

一時、レジ袋税が話題になりましたが、最近は大手スーパーが2円引きしてくれるとか、ポイントくれるくらいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/54283337

この記事へのトラックバック一覧です: 「プラ」ごみを考えてみる:

« 続 3匹のこぶた (その4) | トップページ | 「プラ」ごみを考えてみる その2 ─ レジ袋のこと »