2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 温かくて晴れる日を待っています | トップページ | お茶漬けにするあられをもらって帰る »

2012年3月17日 (土曜日)

金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか──「奥の細道」の経済・関所・景観

こはるさんという方のブログをときどき拝読していますが

金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか──「奥の細道」の経済・関所・景観  晶文社

という本を紹介しておられるのを見つけたので、ここにメモしておきます。

図書館検索したら、貸出し可。

後に借りて読みました感想はコチラです

« 温かくて晴れる日を待っています | トップページ | お茶漬けにするあられをもらって帰る »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

トラックバックをつけてくださって、ありがとうございます。
この本では、「江戸時代の東北」を感じました。
これからもよろしく。

芭蕉は、以前 伊賀上野にいった時芭蕉館があって、小さいでしたが、少し見学
しました。 あの頃の歌人は、道筋を 学びますが 生活をイメージできないことが
多いものです。

ーー中央と東北を・・、 この中で、天明 天保 その他の大飢饉と飢餓 飢え死に
が やはり全国以上に 東北がもの凄くその頃 かいた絵など見たことがあります。
元禄バブルのすぐあとで。

猫さんの 仰るように 今もつづく・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/54240582

この記事へのトラックバック一覧です: 金森敦子 芭蕉はどんな旅をしたのか──「奥の細道」の経済・関所・景観:

« 温かくて晴れる日を待っています | トップページ | お茶漬けにするあられをもらって帰る »