2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« あのころの私には戻れないように | トップページ | あうん »

2012年3月11日 (日曜日)

スランプということにしてハンバーグ  三月初旬篇

3月8日(金)

おはようさん。
きょうから、コート無し。

そんなことを思いながらいつものように窓の外を眺めている。

賑やかだった女子高生が静かに話をしている。

 「期末試験は終わった?」
と聞いたらにっこりと
 「はい!」
と返事をしてくれた。

麦畑、土の色がおおかた見えなくなりつつある。

▼貴方には渡したくない春の月

3月9日(金)

別に
今の私に別れなどないのだが

食堂で会うYTさん、
今日からベトナムに三泊四日の旅。
女子同士で行くのだそうで。

その歳で

一緒に旅をできるような友だちなど
いなかったなあ、あのころは。

▼覚えてる?貴方と私が別れた日
▼覚えてる?貴方と私が出会った日

帰ったらお茶でもしましょうとメールしておいた。
餞別はしない。

3月10日(土)

─鳴る

▼ケータイが鳴ったことなど1度もない
▼鳴らぬならそれでも十分幸せで

ホトトギスは啼くのだが、ケータイは鳴らない。
別に鳴って欲しくない
鳴るときは、誰かが危篤のときだ、きっと。

─澄ませる

▼ほんとうに耳を澄ませば聞こえるの?

春の足音って
本当にあるのかと思ってみるが
むかし、峠の切通しの
ひとけのない山影の
春を拒否したことがあった。

あのときに耳に飛び込んできたざわめきは
デジャブだったのかもしれない

─諦める

▼スランプということにしてハンバーグ
▼かみ合わぬ歯車上手にまわしてく

そうだ。
こんやはハンバーグだったんだ。
焼肉はおあずけ。

─見つめる

▼お雛さんしまい損ねて娘おり

しまう
こしらえる
というような表現が身近な暮らしから消えかけている。

« あのころの私には戻れないように | トップページ | あうん »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

Lisaさん、こんにちは。

a hard day's night ってタイトルですよね。打ち込んだら一発で出てきましたよ。

知らない世代の子供たち(高校生くらい)が楽団で演奏するときに、この曲すごく素敵ですね。いい音楽だな、なんて感心してるの。それは昔に流行ったビートルズの曲だよ、って。

こっちは苦笑いです。

そうそう! もう一度聴いてみます!
あと、犬のように働き、丸太のように眠るって歌詞も好きです。♪

Lisa さん

コメントありがとう。

The Long and Winding Road じゃないですか。
そのまま。

懐かしいなあ。ビートルズ。
友だちに借りて、レコード擦り切れるほど聴きましたよ。

温かくなり、コート着ないでいいですね。
ツーリングというと、 Winding road という歌詞の入っている
ビートルズの曲を思い出すのですが、タイトルが思い出せない!
(加齢化?華麗か?)(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/54193934

この記事へのトラックバック一覧です: スランプということにしてハンバーグ  三月初旬篇:

« あのころの私には戻れないように | トップページ | あうん »