« 曲がり角追う人消えて沈丁花 ─ 三月中旬篇 | トップページ | 初心を忘れずに »

2012年3月31日 (土曜日)

沈丁花あの日のウソは朧月 ─ 3月下旬篇

瞬く間に三月も過ぎて行った。
こうして季節が巡り
歳を取り、
わたしは成長し続けるのだ。

3月22日(木)

▼沢庵でお茶漬けしたら父思う

20日は父の誕生日で
生きていれば81歳だ。
66歳で逝ってしまったことを思うと気の毒だが
そういう人生を
そういうふうに
満喫した人だったのかもしれない。

▼春の雲どこまで行っても君遠く
▼お別れの指切りの向こうに春の雲

春は切ない季節だ。

3月23日(金)

▼長い夜眠れぬ背中を感じてる

少し暖かくなってきたせいで
眠りが浅いような気がする。
眠れない夜を過ごしたのは
記憶にもないほど昔のことだが
春先は眠れないなと思いながら寝返りを打つことが多い。

わたしは隣で眠る人の寝息が気になって眠れない
というような繊細な神経の持ち主ではないので
眠れぬ夜を浮遊するように愉しんでいる。

朝は来る。

▼言い訳を考えつつ傘をさす
▼シャッターの音聞きたくてキミを見る
▼物語、曇る車窓の指のあと

通勤列車に乗ってくる高校生もいなくなって
静かな時間を過ごしている。
毎朝会う子供たち、今年度から3年生やなあ。

3月25日(日)

引っ越しは土曜日に済ませてしまって
日曜日はのんびりとしている。

▼この指にとまってほしい子逃げてゆく
▼沈丁花あの日のウソは朧月
▼豆鉄砲貴方が倒せるものならば

ぼーっと暮らすと、十七音のリズムを失ってゆく。
激しく熱した自分のほうがスリリングだ。

3月26日(月)

8階の窓から公園を見下ろす。
道路から坂道にぼんぼりついたのが見える。

嬉しいな。

▼窓いっぱいウソじゃなかった晴れの朝
桜情報は、カウントダウンとなった。

3月27日(火)

▼今朝の雲ひとつもなくて空白で
▼空白と言った貴方の心模様
▼もう住まないあなたの心の片隅に

これは、朝の通勤列車の中で思いついたものだ。

息を吐いたように春休みになって
みんなさようなら、またね、と別れを惜しみあい
4月になったら
熱く肩を組み、頑張るのだ。
新しい人と。

そんなことを考えながら
あなたを思ったのだろう。

« 曲がり角追う人消えて沈丁花 ─ 三月中旬篇 | トップページ | 初心を忘れずに »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/54352630

この記事へのトラックバック一覧です: 沈丁花あの日のウソは朧月 ─ 3月下旬篇:

« 曲がり角追う人消えて沈丁花 ─ 三月中旬篇 | トップページ | 初心を忘れずに »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ