2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 錯覚に陥る | トップページ | あの人は鬼を迎えに行ったまま 節分篇 »

2012年2月 4日 (土曜日)

詰まらなくしているもの

(さとこさんの日記へのコメント)

私は永年、パーな会社の技術者をしていましたが、
こういった会社が詰まらなくなっているのは、内外の多くの人が感じているとおりです。

そのことを、あれこれ言うつもりはないですが、面白くないですね、社会が。

高額で美味しいものであっても、好きでなければ食べないような性格ですから
いい商品を出しても、それがつまらないものだと魅力はないです。

いまの世の中はすべてが正反対で
高額で美味しいものには、味も分からないし見抜く力もないのに飛びつく奴らがわんさかいる社会でしょ。
しかもタダたっだりしたら、人気沸騰で。
さらに、持っていないとのけ者みたいで。

そういう社会は嫌なので
田舎に引き篭もっていますけど、
さぞかし、都会は住みにくいのではないでしょうかね。

脱線した。

ソニーも、そういう社会で企業を存続させなければならない使命が、企業経営としてあるのも事実。
まあ、だから嫌気が差して辞めたんですけどね。

あきらめるか
意地を通すか。
そんな気がします。
荒っぽい言い方ですけど。

« 錯覚に陥る | トップページ | あの人は鬼を迎えに行ったまま 節分篇 »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53898286

この記事へのトラックバック一覧です: 詰まらなくしているもの:

« 錯覚に陥る | トップページ | あの人は鬼を迎えに行ったまま 節分篇 »