M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 赤、鮮やかに、慎ましく | トップページ | ★★ 足跡帖 (mail) ★★ のことで »

2011年11月 4日 (金曜日)

ときどき、あそぶ

やはり、文化の日は、裏切らなかった。

訳もなく「文化」と騒いでも、日本じゅうが「ぶんか」というものの味わいも厚みも苦味も忘れかけてしまっているのだから、いささか、空しさも感じていた。

文学は自分たちの美しさに酔いしれて迷走し、つぶやきは紙くずよりも哀れにプライドもなく棄てられてゆく。

わたしたちが心から求めてきた十七音や三十一音のざわめきのような轟きは、この迷走社会の中でどこへ向かうのだろう。

この日の砂女の作品から好きなものを三つ選んでみたいと、ここまで書いてそれは無理なことだったのだと気づく。

だらしない男になりたい、とときどき思う。

 きつつきや行きも帰りも道はなく
 鶴きたるぽかんと底が抜けた空
 情緒だけ発達させて月夜の野
 末枯れに後姿のひとひとり
 見てる先になんにもなくて菊人形
 猫がきてつまらなそうな栗御飯
 だらしない男と過ごす文化の日  
(砂女:雨降茫々日々記 [657]から)

« 赤、鮮やかに、慎ましく | トップページ | ★★ 足跡帖 (mail) ★★ のことで »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/53158916

この記事へのトラックバック一覧です: ときどき、あそぶ:

« 赤、鮮やかに、慎ましく | トップページ | ★★ 足跡帖 (mail) ★★ のことで »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31