フォトギャラリー(令和2)

  • 向田邦子 ベスト・エッセイ(ちくま文庫)
    - Walk Don't Run - 夕焼けの向こうまで─枯葉の舞う道をあなたと二人で/銀マド【自画像篇】

フォトギャラリー(令和1)

オートバイとともに(BIKEs)

  • かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

ノート

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
無料ブログはココログ

« 東京日記 神保町から湯島まで篇 | トップページ | 引き戻るところ »

2011年11月27日 (日曜日)

遠慮がちに

特別な予定などない明日でもというブログがあります。 まあ、今までにもふらっとネットを彷徨っていて出会って、悲しいことに知らない間に姿を消してしまった方もあるので、この作者のkomukanaさんもいつか、会えないままに終わってしまうのかもしれないと思うと、ここにお借りしてくるのも、これからたびたびお借りするかもしれないことも、申し訳ないような気がするし、また自分のブログとしても不完全だと思ったことがあった。

しかし、現代ほどネットが自然消滅的なものを美学として、一時的であれその美しさを燃やそうというのであるならば、私だってここで燃えて尽きてしまってもそれはひとつの完結の姿なのかもしれない。

+

095
遠慮がち差し出す君の左手を握る加減がまだわからずに 香村かな
2011-11-15

+

この握られた手はいつまで握ったままで、二人はどこに行ったのだろう。

そんな野暮なことを少し考えたのだが、そのあとで、ふと、私の過去にこのような遠慮というものが存在したことがあっただろうか、とも思った。

人を好きになれば、我慢できずに「すき」といい、別れたくなければ「いやだ」と叫ぶ。

もしも「遠慮がち」に生きていたら、どうなったのだろう。ふと、そう思う。

« 東京日記 神保町から湯島まで篇 | トップページ | 引き戻るところ »

【随想帖 一、】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠慮がちに:

« 東京日記 神保町から湯島まで篇 | トップページ | 引き戻るところ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近の記事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト