M's Zoom

  • なかよし(10月の或る日)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 楯ガ崎
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 3匹のこぶた その2 | トップページ | 大人の僕にはわからない »

2011年10月15日 (土曜日)

月丸く、さらに木星へと近く

ちょうど1年、またはそれ以上前のころの日記に読み耽ると、
やはり昔には戻れないのだと、少し、悲しくなる。

少しばかりの劣等感と
誰にも負けない自信と
きらきらと輝く目が必要だ。

「着地点を見つめなさい」


すばらしい言葉だ。

(2006年10月12日)


今年は12日が暦の上での満月だった。

▼月丸く、さらに木星へと近く

この夜に、明るく輝く月はなかった。
月はまあるくなり、木星を引き寄せてゆく。

秋の深まりをしんしんと感じる。

昔の日記を捲ってみるとそれほど進化のないことが自分でも分かる。そもそもそんなに進化などあるものか、と開き直るのだが、僅かばかりの変化がいつか大きな変化を生むことも間違いではない。
プロ野球の投手は、たくさん曲がるカーブが多くの三振を奪えるというものでもないのだから。

*

今年は、ふたりで。

ひらがなで、ふたりと書く。
優しい感じがする。

サントリー 山崎

サントリー 山崎

« 3匹のこぶた その2 | トップページ | 大人の僕にはわからない »

【随想帖 I】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/52997275

この記事へのトラックバック一覧です: 月丸く、さらに木星へと近く:

« 3匹のこぶた その2 | トップページ | 大人の僕にはわからない »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31