« 三連休 その2 | トップページ | 物語は進まないほうが愉しいかも。その7 »

2011年10月12日 (水曜日)

3匹のこぶた その1

昔々、藁と木とレンガで家を作って暮らす仲のよい3匹の子豚たちがいました。

海の見える緩やかな高台に家を建てて、3匹で仲良く暮らしておりました。

あるとき、突然、大きな地震が丘を襲いました。

木の家とレンガの家は大地の揺れに耐え切れず倒れてしまいました。
丘には藁の家が残りました。

(つづく)

« 三連休 その2 | トップページ | 物語は進まないほうが愉しいかも。その7 »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

沙漫さん

続きは書きます。
いつになるかわかりませんが、スローに進めていきます。
(続く)と追記しておきますね。

 ……藁で家をつくったお兄さんが、きちんと弟たちを家の中へ入れてくれたかどうかが一番心配です…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/52971862

この記事へのトラックバック一覧です: 3匹のこぶた その1:

» 3匹のこぶた その2 [- Walk Don't Run -]
(その1) レンガの家を建てたのは一番お姉さんのひー子、木の家は次女のふー子、そして藁の家を建てたのは三女のみー子です。 3人は普段からとても仲のよい姉妹で、お互いの苦手を助け合いながら暮らしていました。 ひー子はお姉さんらしくみんなをいつも見守っていました。ふー子はお姉さんを助けて3匹の調和を大事にしました。 みー子は末っ子だったのでちょっと変わっていたかもしれません。お姉さんたちがレンガと木の家を建てるのを見ながら「私は藁の家が一番と思うな、 木はお風呂を沸かす時に使えばええし、レンガは火を焚く... [続きを読む]

« 三連休 その2 | トップページ | 物語は進まないほうが愉しいかも。その7 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ