2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« 7月の落書きから その3 ─ 朝 | トップページ | 白桃をがぶりと齧る »

2011年8月 3日 (水曜日)

島尾敏雄 出発は遂に訪れず/死の棘

読書部Ⅱ@mixiに
久々に島尾敏雄を、と思いまして。

--

この歳になると、
というのは変な言い方ですが、
まあそうでない方々もありましょうけれども、
喧しくて落ち着きのないものは付いて行けなくて、
自己サイクルタイムのゆっくりとしたものが心地よいです。

小説にしても、流行ものもキライではないのですが
じっくりと読むもののほうがいいですね。

老眼も手伝って、すばやくとんとんと読めないので
昔の作品を棚から出してパラパラと見ていると
懐かしくなります。

あのころは、好きな人など1人も居なくて
古本屋ばっかし通っていた日々があったな。

夏に読む1冊ですね。

島尾敏雄の2冊をあげておいた。
過去の日記は以下です。

死の棘 / 出発は遂に訪れず

« 7月の落書きから その3 ─ 朝 | トップページ | 白桃をがぶりと齧る »

BOOKs【読書室】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/52381820

この記事へのトラックバック一覧です: 島尾敏雄 出発は遂に訪れず/死の棘:

« 7月の落書きから その3 ─ 朝 | トップページ | 白桃をがぶりと齧る »