« 立秋を過ぎると瞬く間に秋が・・・・ | トップページ | 防波堤ゆうべの花火の落し物 ─ 14日まで 十七音 »

2011年8月14日 (日曜日)

物語は進まないほうが愉しいかも。その5

その4」を書いてから2ヶ月と10日あまりが過ぎている。

なーーーんにも変わったことはない。

1週間から2週間に1回くらいの割合で食堂で見かけるだけで、相変わらず涼しいお顔で、こちらはハッとさせられ、今日はなんかの運があるのかな、と喜んでみたりしているだけ。

私は小説家でもエッセイストでもないので、面白く楽しく書けるわけではなく、ただの日常を書いているだけなので、このあたりで読者はすっかり落ち込んでいるだろうことを予測して、少し物事を特定できるようなことを書きますが、無理に詮索しないように。所詮、個人のつぶやき日記だから。

というわけで、
6月だったか、7月だったか。職場の正面にある花時計の周辺の植え込みで子ダヌキが目撃されたというニュースが届いたの。その子ダヌキをどうしたらいいでしょうか?というような相談だったので、隣接部署のこういう事情に詳しい方の意見を聞きに行ったりして、結局はその子ダヌキは職員の手によって捕獲され近所の林に放たれたということでした。

そんな事件があったときに職場のメールアドレスに状況説明などをしてくださるために、1,2度連絡をくださいました。

このあと、確か公務員試験や教員採用試験やらが始まって、あの人、どこで何をしているのか、本当に忙しくなったのか。出歩くことを禁止されてるのではないかと思うほどにお目にかかれなくなってしまった。

そうだ、何かのときについでにケータイのメールを、さりげなく、ふっ、と知らせたのだが。あれからパタンと連絡が途絶えたのかもしれないというのは私の考えすぎだろうな。
(伝えたものの)メールの返事など来ないほうがいいな、と思っていたのが少しテレパシーで伝わったのだろうか。

もう、その5(今回)で終わりにしてもいいような気がするけど、続きが書けるような出来事。起こるといいな。

(mixi:2011年08月14日)

« 立秋を過ぎると瞬く間に秋が・・・・ | トップページ | 防波堤ゆうべの花火の落し物 ─ 14日まで 十七音 »

【ねこさん通信】余録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/52496068

この記事へのトラックバック一覧です: 物語は進まないほうが愉しいかも。その5:

» 物語は進まないほうが愉しいかも。その6 [- Walk Don't Run -]
(その5) メールをよこさない大人の女。惚れてはいませんからね。 わかってきた。あの人はとてもかわいく魅力があるのだがオトコに惚れさせないような崇高なものがあるのかもしれない。 だから学校に戻るときはきっと教頭先生か校長先生という立場で戻るんだろうなと考えるといかにも、それらしい。…かも。そう思う。 というわけでメールも来ないし階段でも食堂でもお目にかかれなくなってしまって 本心は寂しいくせに強がって  ねこ そんなふうに見えるかい?いいえ強がっていませんから。 -- メール出さなければ来ない。つま... [続きを読む]

« 立秋を過ぎると瞬く間に秋が・・・・ | トップページ | 防波堤ゆうべの花火の落し物 ─ 14日まで 十七音 »

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ