M's Zoom

  • 誕生日(健ちゃん)
    M's Days フォト

歩きの日記

  • 三野瀬駅
    あるく

BIKEs

  • 平成24年(2012年)最後の春(閏日)のKLE
    かつて
    バイク・ツーリスト
    だったころ

Walk Don't Run

  • ユース宿泊スタンプ帳
    忘却をおそれず
    記憶を記録として
    遺そうと思う

ノート

  • 車谷長吉
    ふと開く一冊の絵手紙集

写真日記(平成28年版)

  • 越乃寒梅
    平成28年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

京都日記(平成27年11月)

  • 渡月橋
    京都日記
    平成27年11月篇

京都日記(平成27年7月篇)

  • 鱧のお弁当
    京都日記
    平成27年7月篇

京都日記(平成27年春篇)

  • 焼き鳥
    京都日記
    平成27年版の
    春の日記です

写真日記(平成27年版)

  • 伊達巻
    平成27年の
    日々の写真に
    コメントを
    綴ります

日々是好日写真記

  • ハーモニカ
    860枚 平成18年から平成26年まで(写真日記)
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

« オロフレ峠 | トップページ | 秋のビール »

2011年8月25日 (木曜日)

雨あがるどこぞで魚焼いてはる ─ 八月篇 25日まで

┌■┐ 8月21日
└└┘

▼凝視する暗闇に八月の雨
▼潔く大好きという神頼み

♪雨雨降れ降れ母さんを
 お迎え行かない知らんふり

▼言い訳を丸めてグラスに放り込む

果実が熟れるように
私が発散する熱さって
モノが形を変えてきているのを知るので、
私はいつも楽しく、
愉しくしているような気がする

カミナリ。怖いけど、好きやわぁ

▼日めくりで処暑確かめて髪を切る

ご存知のように、
私には切れる髪など無い。


┌■┐ 8月22日
└└┘

職場の産直メニューにサンマが登場。
蒲焼きでいただく。

雨が降ると
負けたくないので、雨の句を浮かべる。

▼雨粒や飛び散ればいい僕も飛ぶ
▼土砂降りの海に貴方の手を引いて
▼通り雨あの人何処で雨宿り
▼雨あがるどこぞで魚焼いてはる
▼臆病で傘なき貴方を追わぬまま

┌■┐ 8月23日
└└┘

田んぼを見ていると、落ち着く。
稲刈りが始まる。

苅田の香り。
知る人は少ないだろうな。

それを知らずに、米を食っても
本当の味はわからんだろうな、と
ふと思う。

▼手紙書く、刈田の匂い知る人へ
▼稲刈り始まった。米の蒸れる匂いがする
▼初恋の過ぎ行く夏の車窓かな
▼日めくりの処暑を畳んで支度する
▼実る田を見渡す人の案山子たる
▼到着駅降りずにこのまま旅したい

┌■┐ 8月24日
└└┘

お盆も過ぎて
夏が終わる気配を見せ始めるものの、まだまだだ。

今年も夏太りだったなあと思う。

▼路地裏がざわめく古里、地蔵盆
▼大文字私の部屋からひとつだけ
▼サンマ食い終わって身体がどんどん猫になる

▼サンマ買うほかほかご飯を炊きました

サンマが店に並ぶようになった。
北海道産と書いてある。

倍ほどするが、ウマい。

▼天然のエビ天喰らいて口熱し

そういえば、海老や安かったといって買ってきて天ぷらをしてくれた。
夕飯の食卓がいつもながら居酒屋状態になっている。

┌■┐ 8月25日
└└┘

▼ぼやけても車窓の先は刈田なり

雨降りなのですけど、昨日のうちにたくさん刈ったうちが多かったかもしれない。

車窓から ─ 苅田
車窓から ─ 苅田

« オロフレ峠 | トップページ | 秋のビール »

十七音 のおと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46088/52611180

この記事へのトラックバック一覧です: 雨あがるどこぞで魚焼いてはる ─ 八月篇 25日まで:

« オロフレ峠 | トップページ | 秋のビール »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31